アヴァンティ 12月号
アヴァンティ 11月号
アヴァンティ 10月号
アヴァンティ 9月号
アヴァンティ 8月号
アヴァンティ 7月号
アヴァンティ 6月号
アヴァンティ 5月号
アヴァンティ 4月号
アヴァンティ 3月号
アヴァンティ 2月号
アヴァンティ 1月号





 
アヴァンティ 2005年 11月号

■女性は元気でなくっちゃ

若い女性は元気でハツラツとしていて下さい。決して肌荒れや髪のパサつきなんかを放っておいてはダメですよ。

私には娘はいませんが、いたとしたらもっと夜は早く休めとか、ちゃんと食べろとか、口うるさい母親になっていたことでしょう。
健康には運動や休息も大切ですが、食べ物の影響が一番大きいと思います。
「規則正しくバランスよく食べましょう。」と言われても具体的にはどうすればいいかわかりにくいですね。忙しくて料理に時間をかけられない方もいるでしょう。そこで今回は簡単に実行できて必ず効果の出る健康法をお話します。いつも文句ばかり言っているおばさんの罪滅ぼしです。

朝コップ一杯の果物と野菜のジュースを飲むのです。「なーんだ」と思いましたか。ところがこれが、効果絶大なのです。私とスタッフが実行して一ヶ月程になりますが、皆肌の調子がいいのです。薬と違うので効果は緩やかですが、疲れにくくなったような気もします。お見せできないのが残念ですが、私の足の裏はツルツルになりましたよ。

作り方には決まりがあります。必ずジューサーで作ります。(低速ジューサーを使えばもっと美味。サイトで購入できるようです)ミキサーではダメです。ビタミンが壊れやすいのとジュースの中に残る繊維がビタミンとミネラルを吸着して吸収を妨げるのです。ジューサーは繊維を取り除いてしまうように感じますが水溶性の繊維は残っています。

果物と野菜の組み合わせは基本的にリンゴとニンジンです。それに好みで2〜3割位のセロリやパセリ、ホウレンソウを加えます。皮は取り除きませんから全て良く洗って下さい。ミカンなどの柑橘類は黄色い皮の部分は取り除いてください。とにかく美味しく飲めることが大切ですが毎日作っていると、組み合わせのコツがわかってくるでしょう。身体が冷えると感じたら生姜をひとかけら加えます。
飲むのは朝、空腹の時です。ダイエットしたい人はこれを朝食代わりにします。

昼食と夕食でサラダなどの野菜料理は今までどおりに食べて下さい。鶏のササミや白身の魚などでタンパク質をとるのを忘れずに。