12月26日
12月19日
11月21日
10月24日
10月10日
9月26日
9月5日
8月29日
8月22日
8月15日
7月11日
7月4日
6月27日
6月20日
6月13日

 
2000年11月21日放送

■誉めたつもり?

ラジオ局での話し。録音が終わってエレベーターに乗り込んだら、後から乗って来た恐らく其の局の偉い方だと思われる男性が、「イヤー今の女優さん実物はまるで化け物ですなー」と声をかけて来られた。そう言えば廊下を歩いていた時に香水のきつい一団とすれ違ったのだけれど、それまで一緒だった相手アナウンサーの真っ赤な洋服とゴールドのアクセサリーに目が暗んでいて良く見えなかった。あれは女優さんだったのかと納得したして、「私はお顔拝見してないのです」と申し上げると。ニコニコしながら「あなたの方がずっと綺麗ですよ」とおっしゃる。私は化け物みたいな人と比べられても嬉しくもないから黙っていたら、せっかく誉めているのにと思われたのか「やー本当にお化けだなー貴女の方がよほど良い」とくり返されます。

私はしょうがないから「有難うございます」と一応ニッコリしたけれど、 心の中じゃ「それって女を誉めてるどころかブスですて言ってると同じだよこの無神経!」と毒づいた。今やり返すのは簡単だけどいつかラジオで言った方がスーッとするかなと思って作り笑顔してました。

そう言えば昔、新婚の時に夫が甘い言葉を囁いたつもりで「お前とは顔で結婚したんじゃない」と言ったとき「女って顔じゃないよ心だよ」といわれるより「お前は性悪な女だけれどあまりの美しさにふらっとなった」と言われた方が嬉しいのにと思って聞こえない振りをしていたら、無神経な夫は「顔じゃない、顔じゃない」をしつこくくり返す。未だ若くてうぶかった私はすごく悲しくなって、涙がぽろぽろこぼれてしまったのだけれど、夫はキョトンとしていた。嬉し泣きと思ったのだったら、恐ろしくバカ。一生勘違いしてなさいって感じ。しかしこの二人憎めないよね。こんな男夫に持ったら浮気の心配は無さそうだから幸せかも。