アヴァンティ 12月号
11月19日
アヴァンティ 11月号
10月23日
10月15日
10月1日
9月24日
9月17日
アヴァンティ 9月号
8月27日
8月19日
アヴァンティ 8月号
7月9日
アヴァンティ 7月号
5月14日
2月
1月30日
1月22日
1月15日


 
2002年9月24日放送

■おねがいねっ!

『話を聞かない男と地図が読めない女』と言う本が有りましたが、私は人の話も聞かないし、地図も読めない女です。それどころか時間も計れない女です。しかーしラジオには1回しか遅刻していません。

ところで道を教えられない女性って居ませんか。

先週ラジオの帰りに、近くのスーパーマーケットで買い物をしようと、そこを目指してRKBから歩き始めたのですが、全く見も知らない所に出てしまいました。人に道を聞くのが苦手な私ではありますが、歩いている人に「すみません○○スーパーに行くのは」と訪ねました。「この道をまー直ぐ行けば着きますよ」。アバウトな説明だなとは思いましたが、言われた通りただひたすらまっすぐ歩きましたが、もうすぐチリに着きそうになったので、また野を超え山を超えして元の場所へ帰って近くのお店で聞いたら、「この道を道なりに真直ぐ」、つまり途中で右に2度曲がるのだったのです。「5、6分です」と解りやすく説明して下さり無事目的を達しました。

昔、知人の家を訪ねるとき、道順を聞いたら、「足立山の下に小高い岡があってそこに福祉施設が建っていている、その場所から飛び降りた所よ」と教えられて、タクシーの運転手さんに同じ事をいったら「着きませんよ」と言われました。もしかして私に来てほしく無かったのかも。

タクシーと言えば、最近ですね、ある人とタクシーに乗りました、その方の自宅に帰るのだったのですが、乗って「どちらでに行きましょうか」と運転手さん。「いいから!とにかくまーっすぐ行って!」とめちゃくちゃ横着。 私は横で「この人月100万円払ってお抱え運転手を持つべきよ」と思いながら、恥ずかしさに身長が半分に縮んでいました。「ここ右!」。私は知りません、知りたくも無いっ!後ろの車が急ブレーキを踏んだかどうかなんて。「次の信号右っ」もちろん言われた通りに車は右に曲がりました。それなのに「エーここ右じゃなくって、一つ先を右にUターンって言ったでしょっ」。「言っていなーい!」やっと着いたら、「なーんだかややこしかったわね」。「お前だろーがややこしくしたのは!!!!」。私はもうゴキブリのごとく卑屈になって「シュミマセーン」とごそごそ車を降りました。運転手さんはその間、淡々としていらっしゃいました。こんな人には慣れているのかも知れませんね。

地図が読めなくても人の話しを聞けなくても、場所をちゃんと教えられ無くても良いから根性だけは悪くしないでいましょうね。

お気に障りました。